フロアコーティングにはどのようなものがあるか?

突然ですが、フロアコーティングにはどのようなものがあるでしょうか?

コーティングというと一種類だけしか存在しないと筆者は思っていましたが、データによりますと複数の種類のコーティングがあることが分かってきました。

中でもフロアコーティングは、耐久年数によってはかなり違ったものになることが分かってきました。

新築の家を購入しようと決めてる人は耐久年数が30年以上の方が長い年月使うことができるので、その類のものがよいでしょう。

一年に一回の大掃除の日として、大晦日などがありますが、忙しくて中々掃除もままならないのであれば完全にコーティングをしてもらうことで、少し安心感が得られるかもしれません。

しかし、フロアの上にじゅうたんを敷く場合は、こまめに外に乾かすなどして、じゅうたんのばい菌やほこりを取っておくことが必要です。

コーティングを一度床に施したとしても、また汚れてしまうという事を防ぐことは無理かもしれませんが、その可能性を減らすことはできるでしょう。

ではどのようなフロアコーティングがあるのでしょうか?

データによりますと、1アクリルコーティング2ウレタンコーティング3セラミックコーティング4UVコーティング5ガラスコーティング6ダイヤコーティングなどなど、色々な種類のフロアコーティングがあることが分かってきました。

写真でコーティングされたものを観たのですが、どれもつやが出ており、まさに新品同様の形でした。

しかし、これらのコーティングには決定的な違いがあります。

それは耐久年数です実は、これらのコーティングは耐久年数2、3年のものから中には30年ぐらいまでという、時間の長さという決定的な違いがあり、コーティングの性質や特性もかなり違っているようです。

これらの特性について主に持続期間が長いとされているものを中心にまとめたリンクがこちらになります。

フロアコーティングをお考えの方はコチラ

この情報をみるだけで、どの建物にどのコーティングをするのか、どの部屋にどのコーティングをするのかの目安になるのではないかと考えています。