アクリルコーティングというフロアコーティング

フロアコーティングの中で、調べていく内にアクリルコーティングという手法があることが微力ながら分かってきました。

アクリルコーティングは、耐久年数は短いです。

アクリルコーティングは、耐久年数が1年から3年の間となっているので、フロアコーティングの中でも耐久年数が短いという特徴があります。

これは、先に述べてきたコーティングの手法で、耐久年数が短いという最大の違いがあるので、費用もかからないのかもしれません。

勿論、まったかからないわけではないのですが、他のフロアコーティングに比べるとかなり格安になることが考えられます。

アクリルコーティングは、名前通り、アクリル樹脂などが連想されますが、よく聞く名前であるので親近感がわくのですが、よく聞く名前ということで、耐久年数が決められているのかもしれません。

アクリルコーティングは耐久年数は少ないですが、小規模の建物の立地などに有効であるかもしれません。

小規模といっても一度に使用できるというメリットもあります。

アクリルコーティングは、フロアコーティングの中で比較的高価ではないという風に分析はできるのですが、アクリルコーティングは安値であるわりに一次的に何かに使用できるという点では、メリットがあるのではないでしょうか?

フロアコーティングの中で壊れやすいという印象があるのですが、それでも耐久年数が2年ぐらい持つという点では、もちろん信用性がもてるのも事実ではないでしょうか?

最初にフロアコーティングというと、どのような種類があるのかということから考えていくのですが、思慮深い筆者でもアクリルコーティングという言葉は、初めて調べたのですが床に施すという面では、足で踏むという点でどのコーティングが良いのかというのが分岐点なのかという事にもなるのではないでしょうか?

フロアコーティングではアクリルコーティングはアクリルという言葉を考えていくこともあるのですが、耐久年数という点でも色んな見方、考え方が出来るのであろうと筆者は感じることができました。

どのデータが正しいのか分かりません。