ガラスコーティングというフロアコーティング

フロアコーティングについての記載で、次にガラスコーティングというものについて触れたいと思います。

ガラスコーティングはUVコーティングに並んで耐久年数が20年となっており長い、耐久年数となっております。

ガラスという素材でできているため、これに抗する力が働かなければ、床が破れるという現象は起きないのでしょう。

このガラスコーティングという技法は、他にもメリットがあります。

UVコーティングと似ているというのがメリットとの類似点にもつながるのですが、フロアコーティングの中でも耐久年数が長いというのもメリットです。

しかしやはりデメリットも存在します。

それは、金額がかかってしまうという事です。

20年という歳月までも有効なコーティングですから、それなりの金額がかかってしまうということも影響しているのです。

ガラスという言葉を聞くと、割れ物が想像できるのかもしれませんが、うまくコーティングすることでガラスの悪い印象を払拭するという効果があるのでしょうね。

ガラスコーティングですが、ガラスという成分を上手く用いることで成されていることは興味深いところです。

調べていく中で、ガラスから出来ているために滑りやすいという事が挙げられることが分かってきました。

ガラスのフロアコーティングといいますと、床がガラスになるということで、運動などで滑る競技をする施設などに向いていそうです。

この滑りやすさゆえに、何もかも受け流してしまうということがあるのかもしれませんから、床自体には傷が付きにくいということで整合性がとれそうです。

フロアコーティングの中でガラスコーティングはこれが使えるようになるまで、乾かす時間がかかります。

しかし、そんなに長時間待っていないといけないという訳ではなく、完全に乾ききるまで時間がかかるということでしょうか。

ガラスコーティングは酸化作用をさせないという作用があるので、その面で耐久性に優れてるということがいえるのでしょう。

酸化作用は、生体内では必須ですが床でそれが起きてしまうとよくないようです。