ダイヤコーティングというフロアコーティング

ダイヤコーティングという言葉を聞いたことはありますか?

名前だけを目にすると高価な印象があるのですが、ダイヤをそのままコーティングしたわけではありません。

これは床をコーティングしている時にダイヤモンドの要素(炭素記号の要素)を吹き込んだものであると考えて頂くとよいでしょうか?

フロアコーティングの中でも、高級感の漂う手法ですが、このダイヤコーティングは実に透明な仕上がりになりそうです。

フロアコーティングの中でもダイヤコーティングは、それを施さなかった場合と比べるとかなりの透明感と清々しさがあるように見えます。

耐久年数はUVコーティングのそれには比較しにくいのかもしれませんが、UVコーティングよりは少し耐久年数が短く、20年位となっている傾向がありそうです。

透明感が漂う仕上がりからガラスコーティングのように滑るという印象を与えるのかもしれません。

ダイヤコーティングは耐久年数が20年と人間が成熟するまでに要する時間と同じ位の時間がかかるのでしょう。

ダイヤコーティングですが、表面がそのような状態になっているかの粗さの曲線によりますと、0の値をいったり来たりしていますのでフロアコーティングをする時に、仕上がりが粗くないという出来上がりになりそうです。

ダイヤを使うだけあって高価な値段がかかるということが考えられますが、やはり化学構造にあるのではないかと思うのです。

ダイヤ自体が、立体構造でそんなに簡単には壊れない構造となっていますので、そのことは容易に想像できる範囲ではないでしょうか?

しかし、ダイヤモンドは炭素で出来ているということからすると、炭素と酸素が結合することで、酸化作用がなされるという点がデメリットではないでしょうか?

酸化作用が起きてしまうとダイヤコーティングが出来ないので、酸化しないように完全に乾かして、水分をなくしてしまうという最初の待ち時間が必要なのでしょうか。

フロアコーティングの中でも、透明感のある手法なので有名であるわりには、金額がかかってしまうという点があるのも事実でしょう。