UVコーティングというフロアコーティング

UVコーティングは耐久年数が30年という一番長い間の期間に渡って安全性のあるフロアコーティングであることが一般的にいわれています。

30年間と申しますと、かなり長い歳月を要します。

その間でも安全であるというのは興味深いことです。

UVといいますと太陽の光の成分に含まれていることを連想させますが、これをフロアコーティングに使うというのはどのような意図があるのでしょうか?

メリットは、文字通りUVを用いているために液体のコーティングという要素があまりありません。

ですから、コーティングが乾くまで時間がかかりにくく入居するまでに時間がかからないというメリットがあります。

その他には、UVという加工がされているので薬剤に対する耐性が強いということです。

ですから、実験室などのフロアコーティングなどで使用されることが望ましいのかもしれません。

UVという言葉を耳にすると、日焼け対策をイメージするかもしれませんが、コーティングという新しい概念を発見できたことは嬉しいことですね。

フロアコーティングの中で一番耐久年数が長いUVコーティングですが、このコーティングはUVカットでも知られているようにUVで紫外線を予防するという意味合いを想像するのですが、肌をも予防するということは壁や床にも傷がつきにくいということで意味合いがとれそうです。

フロアコーティングの中で耐久年数が長いのはこのことと関連性があるのかもしれません。

紫外線を予防するのがUVカットと呼ばれるものなので、日光が奥まで届きにくいのでその点では、部屋の床をコーティングするのはいいのかもしれませんね。

耐久年数が一番長いので、紫外線という目には見えないものまでカットするという技法には凄い効果がありそうです。

化学製品を扱う人はこの類のコーティングを選ぶことが必要ですが、費用という点ではかなり手の出にくい手法であることは明らかでしょう。

薬品などで床に付着してしまった場合に床が変形してしまうということを避けるのには効果を発揮してくれそうな手法です。

高価な印象が筆者にはあります。